就寝時に腰を冷やさないだけで腰痛改善に繋がる

腰を冷やすと腰痛の悪化につながってしまうこと、ご存知でしょうか?

 

起きている時は意識して温めていても、寝ている間の冷えに無防備になってしまうこともあります。

 

こうして腰を冷やして事で、腰痛を悪化させてしまうことがあります。

 

夜寝る時は、体を冷やさない方に心がけて就寝するようにしましょう。

 

1番に気をつけたい事は、お腹を冷やさないという事です。
おなかを冷やさないようにすると、必然的に腰周りも温めることになります。

 

簡単な対策であれば、腹巻をして寝るといいでしょう。
これだけで次の日の腰痛が和らぐ人もいます。

 

腹巻はお腹、腰周りの温度をあげてくれます。

 

足元を温めることも重要です。

 

足の血液はそこから全身をめぐりますから、足が冷えていると全身を冷やすことになってしまいます。

 

NG冷え対策はしないように要注意

しかし、靴下を穿いて寝るのはNGです。
つま先部分に汗がたまってしまい、気化熱で逆に足を冷やしてしまうのです。

 

靴下を穿くのであれば、寝る時専用の冷え対策が施されたものにしましょう。
レッグウォーマーを使うのも効果的です。

 

また、こたつに入って足を暖めながら寝るというのもNGです。

 

足から充分に温まった血液が全身を流れるため、脳が「全身が温まっている」と感じて、体を温めることをやめてしまいます。

 

ほどよく自然に温めることが大切です。

 

首や肩を温めて寝るのもいいでしょう。
レンジで温めて、首周りに巻く首用湯たんぽのような商品もあります。

 

そういったものを使って冷え対策をするといいかもしれません。

 

そして、寝る前にお風呂にしっかり浸かって体を温め、冷えを取ることも重要です。

 

お風呂に入る事ができない日でも、足湯や手湯をするようにしましょう。
これだけでも体が全然違います。

 

寝る前に軽いストレッチをすると、体が温まります。
筋肉が柔らかくなって腰痛改善にも繋がりますので、余裕のある人は日課にしてみましょう。

 

このように、就寝時に腰を冷やさない様に心がけるだけで違ってきます。
意識するようにしてみましょう。