夏場の冷房で腰痛が増えている?冷房対策をして乗り切ろう

腰痛持ちにとって「冷え」の大敵です。
冬場に冷え対策は必要なのはみなさんよくご存知だと思います。

 

しかし、最近では、夏場にも冷え対策をしなければ気が付かないうちに体が冷えてしまっています。

 

なぜ暖かいはずの夏に体が冷えてしまうのかというと、原因はクーラーです。
クーラー病と呼ばれる症状が流行るほど、多くの人がその影響を体に感じています。

 

最近の夏場の電車やオフィス、ショッピングに出かけた先でも、これでもかというぐらいクーラーが強くかかっています。なので、影響を受ける人が増えているのです。

 

なので、夏場にも冷房のための冷え対策を講じなければいけません。

 

もともと冬場に腰痛の悪化を訴える人が多い傾向がありましたが、最近では夏場でも関係なくなってきています。

 

それには、クーラーによる冷えという原因があったのです。

 

夏場の腰痛予防

まず、自分で調整できる家の冷房から対策していきましょう。
とても暑い日に冷房を使わずにいると、脱水や熱中症を引き起こす可能性がありますので、冷房を我慢する必要はありません。

 

上手に使うコツは、屋外と屋内の温度差を少なくするように温度調整することです。

 

汗をかいて帰ってきた時に冷たいクーラーの風に当たるととても気持ちがいいですが、体をものすごく冷やしてしまいます。

 

困るのが、自分で調整ができない職場や通勤電車の冷房。
暑いと感じる人がいては困るので、そちらに合わせて温度設定されていることがほとんどです。

 

こうした場所の冷房対策として、羽織るもの1枚を持ち歩きましょう。
最近では、薄手で持ち歩きのしやすいカーディガンなどが増えています。

 

また、お腹まわりを冷やさないような洋服を選ぶようにしましょう。

 

お腹や腰周りを露出したファッションはとても人気ですが、腰痛にはいいとは言えません。

 

腰辺りを露出しないことはもちろんのこと、夏でも薄手の腹巻などで冷気から守るようにしましょう。

 

どうしても冷房の強い部屋にいなければならない時は、暖かい飲み物を飲んで体の中から暖めるようにしましょう。
体が芯まで冷えてしまうことを防止できます。

 

コーヒーなどのカフェインの多い飲み物は、飲んだ直後は暖かくても、すぐに体温を下げてしまう作用があります。
ショウガやスパイスの効いたチャイなど、飲んだ後も体温を上げ続けてくれる飲み物を選びましょう。

 

こうして冷房対策を心がけるだけで、随分と体の冷えは変わってくるでしょう。